親知らず専門外来

親知らず 抜歯専門外来  >  親知らず抜歯プラン

PLAN

親知らず抜歯プラン

親知らず抜歯プラン

親知らず抜歯プラン

親知らず専門チームによる"安心の診療体制"

口腔外科専門ドクターが多数在籍

医療法人社団横浜駅西口歯科には 日本口腔外科学会認定医が多数在籍しており、親知らず専門外来チームとして診療しております。
親知らずの抜歯をした方がいいの?抜歯が怖いなど親並み相談を受け付けております。

親知らずの抜歯について

上の親知らずの抜歯について

上顎の骨は柔らかいため上の親知らずの抜歯は簡単に抜けてくれることが多いです。

特に親知らずの頭が完全に萌出している上の親知らずの場合には数秒で抜けてしまうこともあります。

上の親知らずでも埋まっているものや歯根の形態が曲がっているなど複雑な場合には難抜歯となることがありますが下の親知らずと比較すると楽に抜けてしまうことが多いので患者さんも拍子抜けしてしまうことが多いようです。

上の親知らず抜歯で注意しなければいけないのは副鼻腔の一つである上顎洞の存在です。
上の親知らずと上顎洞は近接していることが多く、抜歯後に抜歯窩と上顎洞が交通してしまったり、場合によっては抜歯の時に親知らずがそのまま上顎洞に入り込んでしまうことがあります。

抜歯窩と上顎洞が交通しても小さな穴であれば適切に処置して安静にしていればほとんどの場合は自然に閉じてしまいます。

この穴が塞がらずに空いたままだと口から飲んだものが鼻から出てしまうということが起こってしまいますのでこのような場合には口腔上顎洞瘻孔閉鎖術という方法でこの穴を塞ぎます。

上の親知らずがそのまま上顎洞に入り込んでしまった場合にはまずは抜歯した穴から摘出を試みてそれでも摘出できない場合には上顎洞を開洞して親知らずを摘出します。

大変そうなことを書きましたが基本的には上の親知らずは簡単に抜けることが多いです。

下の親知らずの抜歯について

下の親知らずも上の親知らず同様に親知らずの頭が萌出しているかどうかで抜歯の難易度は変わりますが、上顎と比べて下顎の骨の方が硬いため上顎よりも抜きにくいです。

下の親知らずで注意しなければいけないのは親知らずの近くを走行している下歯槽神経と舌神経です。

下の親知らずと神経の位置関係によっては注意しないと抜歯の際に神経の麻痺をおこすリスクがあります。

下歯槽神経は下顎骨の中を後方から前方に向かって走行している神経で下の歯の感覚と下唇の感覚の神経です。
この神経が障害されると唇にご飯粒が付いていても気づきにくかったり下唇にピリピリとした痺れが出ることがあります。

レントゲンで下の親知らずとこの下歯槽神経が近そうな時はCT撮影をして立体的な位置関係を確認してから抜歯します。

舌神経は下の親知らず近くの下顎骨の内側(舌側)を走行していて舌の知覚と味覚の神経です。
レントゲンにはうつってこないため位置が把握しづらいです。

下歯槽神経よりは麻痺のリスクは低いですが、障害されると舌の麻痺が出ます。

下の親知らずの方が上の親知らずと比べて抜きにくく術後の腫れも出やすいですが、術後の腫れ等の不快症状を最小限にするよう当院では熟練の口腔外科医が抜歯を担当しています。

上下の親知らずを抜きたい方

上下の親知らずを抜くのであれば片側の上下ずつ左右に分けて抜くのがおすすめです。

例えば右の上下の親知らずをまずは抜いて、傷が落ち着いてから左の上下の親知らずの抜歯をするという形で左右で分けます。

もちろん遠方からきているからとか手術は一回で終わらせたい等の場合には上下左右4本の親知らずをいっぺんに抜くことも可能ですが、そのぶん発熱などの術後の炎症反応が出やすくなるのと抜歯後の食事でどうしても傷口を刺激してしまうのでしばらくは柔らかいものや刺激の少ない食事をとる必要が出てきます。

一方、片側ずつ上下の親知らずの抜歯であれば抜いていない反対側で食事できるので食事の面では4本の親知らずをいっぺんに抜くよりも術後が楽になります。

4本いっぺんに抜きたいという希望が特になければ左右に分けての上下の親知らずの抜歯をおすすめしています。

1. まずは相談だけ

親知らず抜歯の相談  

親知らずは状態によって抜いた方がよいもの、そのまま様子見でいいもの、抜かない方がいいものがありそれぞれ対応が違います。まずはご自身の親知らずの状態を知って頂いてどのような対応がいいのかの相談だけでも受けつけております。

ご予約の際に親知らず相談希望とお伝えください。

料金 【保険診療】

保険診療(3割負担)で初診時に1回で親知らず抜歯した場合の費用です。
抜歯相談 2,400円〜5,600円

「親知らず抜歯の相談のご予約」はこちら

2. 1本だけを抜きたい

親知らず抜歯  

親知らずの抜歯は1本から4本までご希望に応じて対応可能です。

予約の際に出来るだけ詳細に教えて頂けるとスムーズに対応可能です。

料金 【保険診療】

保険診療(3割負担)で初診時に1回で親知らず抜歯した場合の費用です。
1本抜歯 3,500円〜11,000円

「親知らず抜歯のご予約」はこちら

3. 2〜4本まとめて抜きたい

親知らずまとめて抜歯    

親知らずの抜歯は1本から4本までご希望に応じて対応可能です。
親知らずの状態と本数によって処置に必要な時間が違いますので、予約の際に出来るだけ詳細に教えて頂けるとスムーズに対応可能です。

例えば「右の上下の埋まっている親知らずの抜歯希望」「頭の見えている親知らず4本同時抜歯希望」等、ご予約の際にお伝えください。

同時に抜歯する本数が増えるほど体に対するダメージも大きくなりますので、その辺は親知らずの状態に合わせて患者様にご説明してから最終的には相談して決めていきます。

料金 【保険診療】

保険診療(3割負担)で初診時に1回で親知らず抜歯した場合の費用です。
2本抜歯 4,200円〜14,800円
3本抜歯 5,400円〜18,000円
4本抜歯 6,200円〜21,200円

「親知らず抜歯のご予約」はこちら

4. 当日抜きたい

親知らず当日抜歯    

通常、病院等の口腔外科では初診で親知らず抜歯の説明と同意を得て、2回目以降に抜歯という流れになりますが、当院ではできるだけ通院回数を少なく早く処置できるように、初診当日に説明・同意・抜歯まで対応可能です。初診当日の抜歯をご希望の場合には、予約の際にその旨をお伝えください。

あらかじめ初診当日抜歯の旨をお伝え頂ければほとんどの場合当日抜歯が可能ですが、炎症がある場合や縫合した後の抜糸の来院が出来ない場合や、全身状態が良くない場合等、状態によっては抜歯が後日になることもあります。

料金 【保険診療】

保険診療(3割負担)で初診時に1回で親知らず抜歯した場合の費用です。
抜歯相談 2,400円〜5,600円
1本抜歯 3,500円〜11,000円
2本抜歯 4,200円〜14,800円
3本抜歯 5,400円〜18,000円
4本抜歯 6,200円〜21,200円

「親知らず抜歯のご予約」はこちら

5. 他の医院で断られた

親知らず抜歯を他院で断られた    

親知らずの抜歯を断られる理由としてはいくつか考えられます。
親知らずを抜いた方が良いが口腔外科の出身でない等技術的に困難な時、親知らずを抜くリスクが抜かないリスクよりも高い時、親知らずを抜かない方がいい時などがあります。

当院には他院で親知らずの抜歯を断られた方が多く見えますが、技術的な問題と思われるケースが非常に多いです。もちろん全身的なリスクや出血のリスク等、病院で全身麻酔環境下で行った方がいいケースはありますが、「神経が近いから」とか「抜歯するのがすごく大変」とか言われてきたケースのほとんどは当院で問題なく抜歯できています。

他院で親知らず抜歯を断られてお困りの方でもお気軽にご相談してみてください。

「親知らず抜歯の相談のご予約」はこちら

親知らずの抜歯ならお任せ下さい

即日抜歯も対応可能

ご予約はお電話で

一度に複数本の抜歯も

対応可能

大学病院レベルの難抜歯も対応可

痛みに配慮した抜歯

口腔外科医による安心

先進的な設備を完備した院内

医院紹介

大学病院レベルの先進的な設備を完備
徹底した院内感染予防の実施